人類の終りの可能性

  • 2014.10.21 Tuesday
  • 08:23
エボラ出血病感染者が、いよいよ1万人を超えそうです。
未確認数を入れれば、2.3万人感染している可能性もありと伝えられてます。
このまま、無策で行けば、3ケ月後には、120万人が感染とも・・・

日本は危機管理が甘い国で、皆さん危機感がありませんが、
パンデミックになると、有効な薬かワクチンが開発されない限り2016年7月までに
全人類に感染するそうです。
まずは、死亡数が劇的に増えれば、民間保険は、機能しなくなる可能性は十分ありますし、
経済も破綻することでしょう。

今まで幸運にも人類は、あらゆるウイルス危機に対応し、生き延びてきました。
今回も大丈夫と言われる方が多くいらっしゃいます。
結構、皆さん楽観的。私は仕事柄なのか悲観的に観察します。
でも、日本には現在、エボラウイルスを検査できる施設がありません。
どうするの?検査機関がある国に空輸して検査・・・嘘みたいですね。

感染しても発症しない人、完治する人もいるので、全滅はなくても、20%から30%は生き残るとした
場合、自分は、生き残り組には入らなくていいと思います。

まさに、今、政治家は戦争状態と認識し、対処すべきではないでしょうか?
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM